薬剤師の求人サイト一覧


1、リクナビ薬剤師
薬剤師の求人サイト

リクナビグループが運営する薬剤師専門の転職支援サイトで、
求人総数35000件のうち、75%が非公開求人です。

大手薬局から町の小さな薬局、ドラッグストアなど、
希望を叶える好条件求人を紹介してもらえます。







2、ファゲット
薬剤師の求人サイト

薬剤師の転職サポート歴が13年と
薬剤師業界でも2番目に古い転職支援サイトです。

その実績から、利用者満足度は92.4%で、
豊富な求人の中から、収入アップの求人を紹介してくれます。

転職が決まると、最大20万円の転職ボーナスが貰えます(^^)/







3、薬キャリ
薬剤師の求人サイト

東証一部上場エムスリーグループが運営する薬剤師の
無料転職支援サイトで、3万件以上の求人情報を保有しています。

地域毎に専任のコンサルタントが大手から地域密着型薬局まで
お住まい近くの薬剤求人を紹介してくれるのが特徴です。

今なら、最短で即日に求人を紹介してくれます!!







4、ジョブデポ薬剤師
薬剤師の求人サイト

薬剤師の求人サイトは、転職サポート型が多いですが、
『ジョブテポ薬剤師』は検索型の薬剤師特化の求人サイトです。

また、1番の魅力は『ジョブテポ薬剤師』より就職決定すると
最大40万円の就職祝い金が出る事です。





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

 ☆最近の求人情報☆

 厚生労働省が2017年6月30日発表した5月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.01ポイント上昇の1.49倍となり、3カ月連続で改善した。1974年2月以来、43年3カ月ぶりの高水準。緩やかな景気回復を背景に人手不足が続き、パートから正社員に採用を切り替える企業の動きが加速した。正社員の求人倍率は0.02ポイント上昇の0.99倍と1倍に迫り、集計を始めた2004年11月以来最高となった。

 総務省が同日発表した労働力調査によると、5月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.3ポイント上昇の3.1%で、6カ月ぶりに悪化した。同省は「失業率の水準は依然低く、より良い条件を求めて転職する男性や労働市場に参画する主婦が増えている」(労働力人口統計室)と指摘。雇用情勢については「着実に改善している」(同)と分析している。

 求人倍率は、ハローワークに申し込んだ求職者1人当たりの求人数を示す。5月は全体の求人数が0.1%、求職者数は0.9%それぞれ減少。正社員の求人数は0.4%増え、求職者数は1.2%減った。

 新規求人を業種別で見ると、自動車の生産が好調な製造業や、人手不足が続く運輸・郵便業などで大幅に増えた。 
                              優良求人サイト一覧調べ